HOME > お仏壇Q&A

お仏壇Q&A

ご質問
新しいお仏壇を購入したいのですが、以前からある古い仏壇はどうしたらいいのでしょうか?
お答え
お仏壇はご本尊様やご先祖様がご安置されている場所です。ですから粗大ゴミと同じように扱ってはいけません。玉田仏壇店では、お引取り致しましたお仏壇を全て丁寧にご供養いたします。詳しくは玉田仏壇店までお問い合わせください。
ご質問
お仏壇の修理はできますか?
お答え
破損によってその場でできる場合と、しばらくお預かりする場合があります。どうぞお気軽に玉田仏壇店にお問い合わせください。
ご質問
仏壇・仏具の処分はどうしたらいいのですか?
お答え
玉田仏壇店では無料でお引き取りいたします。どうぞお気軽に玉田仏壇店にお問い合わせください。
ご質問
お仏壇には、宗派ごとの違いがあるのでしょうか?詳しく知りたいです。
お答え
お仏壇は大きく分けて、漆と金箔が特徴である金仏壇と、木目が美しい唐木仏壇があります。金仏壇は主に浄土真宗(本願寺派・大谷派)・唐木仏壇は主に浄土真宗以外の仏教派に使用されます。原則は慣習どおりのお仏壇でご供養なさるとよろしいかと思いますが、必ず宗派どおりの御仏壇を用意しなければならないということでもなく、浄土真宗の方でも唐木仏壇を準備なさる方もいれば、浄土真宗以外でも金仏壇をご用意なさる方もおられます。
ご質問
お仏壇はなんのためにおまつりするのですか?
お答え
お仏壇はお寺様のお内陣と同じく、お浄土をこの世であらわそうとしたと言われています。とはいえ、あまりむずかしく考える必要はありません。ご本尊様をおまつりすると同時に、私たちのご先祖さまや親族の御霊に対して、「おはようございます、今日も一日精一杯頑張ります」とか「お陰さまで今日も一日無事に過ごすことができました。ありがとうございました。」と挨拶をして感謝の気持ちをあらわす神聖な場所とお考えください。

父や母が毎朝、毎晩、お仏壇に手を合わせるうしろ姿を見て、子供たちは、知らず知らずのうちに仏様の存在に気づき、ご先祖さまに見守られている安心感と生きてくうえでの礼節を知る事になります。